残業とは

よく言われている残業ですが、きちんとした定義があります。ここでは一般的な残業の定義についてみていきましょう。簡単にいってしまうと残業とは、所定労働時間を超えて労働を行うことを指します。所定労働時間が良く分からない人もいるでしょうが、雇用契約を交わす時に雇用主の方から始業時刻と終業時刻について明示があります。この時間のことを指します。ただし始業時間と終業時刻についてですが、各会社によって自由に設定することができ、実際にまちまちになっています。そこで、統一した基準として、法定労働時間というものが別に用意されています。
法定労働時間は労働基準法で明記されている概念のことを指します。労働時間の上限を設定しているものです。1週間当たり40時間、1日8時間労働を上限とする法律になっています。これはどのようなジャンルの会社に対しても適用されます。この法定労働時間を超えるような労働をさせることは、労働基準法によって禁止されています。このため、所定労働時間は確かに自由に設定することはできます。しかし法定労働時間を上回らない範囲の中で、という但し書きが入ります。

残業代の算出方法

残業ですが、この所定労働時間と法定労働時間の関係によって、さらに2つの種類に分類することができます。
もし所定労働時間を上回ることになっても、法定労働時間を下回った場合には、法内残業と言う風に呼びます。もし法定労働時間の基準すら上回ることになってしまうような残業になってしまうと、法外残業と言う風に呼ばれます。
両方とも、残業をした場合には原則として基本給以外に手当を支払わないといけないことになっています。残業代の出し方ですが、もし法内残業である場合には、就業規則や契約などによって、それぞれの会社で自由に設定することができます。
ただし上で紹介した法外残業となった場合には、会社で自由に設定することはできません。労働基準法に法外残業をした場合の残業代についてはその計算方法が詳細に決められています。この条件に基づいて残業代の算出をして、労働者に対して給料を支払わないといけません。労働基準法は強行規定と言われていて、労働者本人が同意をしているかどうかに関係なく、この計算方法で計算をして給料を支払わないといけないことになっています。もし法律によって定められた計算方法とは違った計算で給料の支払いをしてしまった場合、違反行為になり罰則の対象になる可能性もあります。方が良残業代を求めるには、通所の労働時間における賃金に対して1.25倍以上の単価をつけることになっています。